kazz



北京-ウランバートル日記 第10話

 JRM社長の菅原さんのカウントダウンでスタートを切った。どんなペースで走って良いのか解らないので、序所にアクセルの開度を開けてみる。すると早速電線を左に行くところを右に行ってしまい左に戻る。距離を補正し、次の6.75kmのコマ図を目指す。それらしい地点にくるが、距離が合わない、またICOを補正する。どうもホイル径の設定が合っていないようだ。今更補正出来ないので、コマ毎に小刻みに補正しながら進む。CAP走行も初めてなので分岐毎にGPSのCAPを見てみる。小刻みに変化する数字を見て、だいたい合っていることを確認しながら走行しているとGPSの電源が切れた。初日からついてない。ホイル径の合っていないICOのみが頼りとなりなってしまうが、何とかコマ図をひとつづつクリアしていく。GPSは使えないので前走者の土煙を発見すると安心する。

 心配していたライディングには問題無く、スピードが乗るので逆に安定するようである。しかし、砂のワダチが深いところなどが突然現れるとヒヤリとする場面もあり、無理は禁物であることを再確認した。今回のラリーでは以前から決めていたことの中で、「競技を忘れる」ということがあった。これは、絶対に守ろうと前々から決めていた。例えば、後ろから抜かれるとすると、その人の土煙がかぶらなくなるぐらいまでしばらく減速する。絶対に追いかけない。ただし、その後は、自分のベストのペースを出来る限りキープする。そうしようと決めていた。ラリーは長い時間と距離の積み重ねである、モトクロスの15分~20分ぐらいの勝負であれば、ホールショットのまぐれ当たりで良い結果になったりもするが、ラリーではまぐれ当たりは通用しないだろうと予想していた。後ろから来た人を追いかける=オーバーペース→無理なライディング→転倒→故障→修理→リカバリーのための無理なペース→転倒・・と悪循環になるだろうと考えていた。実際パスされることは何度もあったが、付いていくことは無かった。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-02 20:16 | BTOU05
<< 北京-ウランバートル 第11話 北京-ウランバートル日記 第9話 >>


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧