kazz



北京-ウランバートル日記 第20話

 チェックポイントまでもうすぐ、気持ちが逸る。しかも今日はチェックポイントからゴールの間が3hの時間制限付ではあるが、比較的自由に走れる。さらに待ちに待ったデューンである。どんな感じなのか想像しながら全開で走っていると。突然前方に段差が見えた。フルグレーキングしてタイヤがロックする。近づいて見ると。比較的小さい、そのままブレーキを放し、カタンと降りるぐらいですんだ。しかしかなりあせっていて、ほとんどパニックブレーキだった。小さい段差だったのでよかったが、これがもし大きいクレバス等だったらと考えると血の気が引いた。

 トラブルはあったが、無事最終のチェックポイントに到着し、デューンに向かう。チェックポイントからゴールまでは27kmしかも3時間の余裕がある、主催者の計らいに感謝し、ゆっくりと走行する。しばらく行くと遠くにデューンが見えてくる。だんだんと近づくが、しばらくは大きな岩の中の右へ左へ曲がった道を行く。時より砂が現れ、ゆっくりと走っているためバランスを崩しそうになる。

いよいよデューンが近づいてきた。見上げるほどの大きさの砂の山である。山の裾を縫うように上へ下へ走ってみる。登る瞬間斜面なので衝撃に構えるが、砂が衝撃を吸収するので、全く手応えが無い。この大会のためにビーチエンデューロ等で砂を体験していたが、全くちがう。例えるなら、新雪のパウダースノーを走っているかのようで、鳥肌が立つほど気持ちいい。今まで想像していたものよりはるかにすばらしく、感動しながらの走行だった。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-28 21:01 | BTOU05
<< 北京-ウランバートル日記 第21話 北京-ウランバートル日記 第19話 >>


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧