kazz



北京-ウランバートル日記 第25話

スタートのカウントダウンが始まり、エコからスタートする。プリウスは遠くの斜面の下り坂を利用してスタートしていた。ボルドバートル選手の順番が来て、スタートするがその場で埋まってしまいしかもエンストしている。とまっているボルドバートル選手をその場でパスし先にスタートする。CAPはスタート前に確認していたのでその方向に向かって一直線に走る。CAPチェンジが途中にあるはずだが解らなくなりGPS走行に切り替え、さっき向かったGPSポイントに向かう、途中左手遠くのデューンにカメラマンが見え、もしかしたら間違いか?とも思ったが、GPSポイントにはついさっき行ってるのでそのまま向かう。ちょうどGPSポイントの手前のコブに差し掛かったところでオフィシャルの4x4が見えオフィシャルが「右に寄れ」と手でジェスチャーしている。右に寄って走行していると、白いカウル付きのバイクが倒れ、アルミシーツが見える、一瞬だったが、E-OFFの戸井田さんだと解った。何事も無ければ良いがと思いながらも先へと進む。戸井田さんを見かけてすぐボルドバートル選手に抜かれる。しばらく行くと石混じりの砂に路面が変わり、コマ図にあるクラックが出現した。ここで距離の補正を行いメインピストにぶつかるとここから次の村までは問題なく走ることが出来た。村に行く途中、加持さんと、ガントルガ選手に直線で抜かれあっと言う間に離される。
 107.40kmの村に到着し、クラックを越えて左折する。村の左端を走行するが次のGSで迷う、ここで加持さんと会うが加持さんも迷っているようである。「ひとつ目のGSの横を南へ迂回、村には5つのGSがある」との記入があり、「5つなんて空撮でもしないとわかんねー」などと思っていると、ロシアンジープに抜かれ付いていくと、何とかメインピストに乗ったようである。109.95kmの「水のある小川」が現れようやくホッとし、前を行くロシアンジープを抜こうとピストを外れ加持さんが先頭でキャメルグラスの中を進む、しかし目の前で加持さんがキャメルグラスに突っ込んで前転した。「大丈夫?」と声をかけるが、立ち上がり、手を上げているので先行したロシアンジープを追いかける。追いつくと脇に避けてくれ、追い越させてくれた。ここからRCPまでは細かい分岐が何度か現れ間違いそうになるが、なんとか間違わずRCPに到着する。
[PR]
by xr_kaz | 2006-05-07 11:16 | BTOU05
<< 北京-ウランバートル日記 第26話 北京-ウランバートル日記 第24話 >>


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧