kazz



06TBI参戦記

CRM50が我が家にやってきた。
既に嫁のCRM50は購入済みで、私はXR400での参加としていたが、堀エッチの会社の方が「うちに息子が昔乗ってたのがあるから取りにおいで」と太っ腹なことを言って下さり、はじめは程度次第で掘エッチの出場車になる予定であったが、実物を見ると、決して走りそうには見えなかった全体的に錆サビ、フロントフォークストロークせず、アクセル動かず、タンク内に錆発生、ゴムパーツ全滅・・・修理にかなり金額がかかりそうだったので、堀エッチのサブタンク、マップホルダーステーを作る変わりに頂けることとなった。堀エッチありがとう。
 もらったものの、外観では解らない部分に重大なダメージがあるかもしれない、取りあえずエンジンを開けることとする。クーラントを抜いて、エンジンオイルを抜いて、2stオイルの分離給油タンクからもオイルを抜く、2stオイルは田舎のヤンキーのお約束の甘い香りのオイルが入っていた。この時点で多分シリンダは駄目だろうと思った。
 エンジンを分解に入る。2stなのと、先日嫁のをばらしていたので、簡単に腰上は完了、シリンダは、ピストンリングが固着し、吹き抜け状態であった。燃え残りのオイルがリングにベッタリ付いていた。当然シリンダにもキズがあった。
フライホイールと、クラッチのセンターナットを緩めるために、嫁の手を借り二人がかりで緩める。クランクを割ってみると、内部は綺麗で、ベアリング、ギヤ共に問題ない様子。ラッキーと思い。クランクのベアリングを触ると、「ゴリッ」と嫌な感触、コンロッドには問題無いし、クランクシャフトのオイルシール当たり面も問題無いので、クランクのベアリングのみ交換する。(ちなみに嫁のは2万キロ走っていたためかクランクのシール部が段付きになっていた。)
 発注した部品も手に入り、エンジン組み立てに入る。灯油で部品を洗い、エアブローし、組み立てる。クランクケースを閉める前にバランサーを外そうかと、悪魔の誘いがあったが、2000kmも振動は辛いのと、レギュレーション違反になりそうなのでやめることとする。(こんなやらしいことを考えていたためかバランサーには後日やられる事となる)
 クランクケースを締め、また嫁に手伝ってもらい大物のナットを締める。感謝感謝
車体にエンジンを載せ、まじまじと車体を見ると。ブレーキホースヒビ、アクセル固着、リヤブレーキシュー調整いっぱい、チャンバー、ステップ、スタンド、フロントフォークがこれでもかというぐらいの錆、テールライトレンズ無し、燃料タンクホース硬化、ラジエターキャップ錆、スポーク、リムサビサビ、ホイルベアリングシールボロボロ、うーんと悩んでしまいそうな作業量であった。
・ブレーキキャリパーOH(シール、ピストン、スライドピン交換)
・アクセル、クラッチワイヤー交換
・キャブレターOH(しかし、OH出来ず結局新品にした)
・タンク内サビ取り、&防錆コーティング
・フロントフォーク交換(嫁のノーマルと交換、なんと嫁のはCRのサスです)
・インシュレーター交換
・チャンバー、スタンド、ステップ、フレーム、塗装(ちょっとサビがひどすぎ)
・ブレーキシュー、パッド交換
・ラジエターキャップ交換
・全ホース類交換(ラジエター燃料、オイル)
・前後ホイールベアリング交換
・チェーン、スプロケット交換
・タイヤ交換
・電動マップケース取り付け
・HIDユニット取り付け
・リヤタンク取り付け、(リヤタンク用ステーワンオフ製作)
・バッテリーボックス取り付け、
・HID、電動マップ、バッテリの配線
・サブタンクガソリンホース配管
・サブタンク取り付けによるウインカー位置変更
・フロントマスク、ライトXR400用の取り付け
・他
疲れた・・・あと一週間しかない
[PR]
by xr_kaz | 2006-05-09 22:34 | TBI06
<< 北京-ウランバートル日記 第27話 北京-ウランバートル日記 第26話 >>


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧