kazz



06TBI参戦記 その5

車を止めて、荷物とバイクを降ろす。よくこんなに入っていたなというぐらい、車の後ろに広がった荷物を見ると思う。昨日の宴会の中で、バランサーを分解しようと考えていたので、ハイエースの中で作業を開始した。まずは、クーラントをペットボトルに抜き取って、うなぎさんに借りた。「車内用の靴入れトレー?」にミッションオイルを出し、右側のカバーを開ける。分解する前、バランサーのギヤはクラッチを外さなくても抜けるだろうと考えていたが、分解してみるとクラッチを外さないといけないことが解り、一瞬青くなる。TBIに来る前に、普段使わない特殊工具を車内から降ろしていたのである。駄目だろうと思いながら工具箱を見ると、クラッチのセンターナットを緩める工具と、我が家では「星のかけら」と呼んでいる、クランクシャフトと、クラッチギヤの間に挟むギヤの一部を切ったような工具が出てきた。(ホンダ純正工具・ギヤホルダ/07724-0010100)これだけ有れば何とかなりそうだ、ホッと胸を撫で下ろした。 
 クラッチを外し、バランサーギアを見ると、やはりずれていた。原因が解り、ずっと喉に引っかかっていた物が取れた感じで、すっきりした。さっさとギヤを組み変えて、クラッチを締め、クラッチカバーを付けて、クーラントを入れる。ここで問題発生、オイルが無いのである。2STオイルは山ほど持ってきているが、4STオイルが無い。駄目だろうなと思いながら、うなぎさんに聞くが、やはり持って来ていないとの返事、そこで、他のエントラントに聞いて回るが皆無いとの返事、たまたま見送りに着ていたフジーさんに聞いたら。「あるよ」との返事で、ようやくオイルもGETした。このTBIの車検会場では色々なドラマが毎年あり、ホーンが鳴らないなんて言うのは恒例行事で、何年前か忘れたが、バイクの輸送中にCRM250ARが倒れて、ウインカースイッチが壊れて、当然車検落ちと成るのだが、私がたまたま、ウインカースイッチを持ってきており、貸してあげたことがあった。私だけでは無く、TBIに集まる人達は皆でゴールしようという人ばかりで、皆誰かが困っていると、知らない人でも手伝ったりしている。モトクロス等には無い、独特のすばらしい風土が根付いている。
 オイルを入れて、エンジンをかけるが、ウソの様に振動が無くなり、市販車だったことを思い出した。ようやく車検へ行ける状態となったため、受付を済ませ、車検に向かう。小松さんや、長官、カオルさん等の厳しい目で見られながら、リヤタンク等の取り付け、ブレーキ、ウインカー、ホーン、ヘッドライトの灯火等のチェックを受ける。事前に確認していたので、保安部品関係は自信が有ったが、タンクを何と言われるのか自信が無かった。しかし、それも問題無く通過し、車検合格となり、ばたばたとした車両準備のための一週間がようやく終わりを告げた。
[PR]
by xr_kaz | 2006-05-27 09:04 | TBI06
<< 北京-ウランバートル日記 第29話 06TBI参戦記 その4 >>


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧