kazz



カテゴリ:BTOU05( 35 )


北京-ウランバートル日記 第25話

スタートのカウントダウンが始まり、エコからスタートする。プリウスは遠くの斜面の下り坂を利用してスタートしていた。ボルドバートル選手の順番が来て、スタートするがその場で埋まってしまいしかもエンストしている。とまっているボルドバートル選手をその場でパスし先にスタートする。CAPはスタート前に確認していたのでその方向に向かって一直線に走る。CAPチェンジが途中にあるはずだが解らなくなりGPS走行に切り替え、さっき向かったGPSポイントに向かう、途中左手遠くのデューンにカメラマンが見え、もしかしたら間違いか?とも思ったが、GPSポイントにはついさっき行ってるのでそのまま向かう。ちょうどGPSポイントの手前のコブに差し掛かったところでオフィシャルの4x4が見えオフィシャルが「右に寄れ」と手でジェスチャーしている。右に寄って走行していると、白いカウル付きのバイクが倒れ、アルミシーツが見える、一瞬だったが、E-OFFの戸井田さんだと解った。何事も無ければ良いがと思いながらも先へと進む。戸井田さんを見かけてすぐボルドバートル選手に抜かれる。しばらく行くと石混じりの砂に路面が変わり、コマ図にあるクラックが出現した。ここで距離の補正を行いメインピストにぶつかるとここから次の村までは問題なく走ることが出来た。村に行く途中、加持さんと、ガントルガ選手に直線で抜かれあっと言う間に離される。
 107.40kmの村に到着し、クラックを越えて左折する。村の左端を走行するが次のGSで迷う、ここで加持さんと会うが加持さんも迷っているようである。「ひとつ目のGSの横を南へ迂回、村には5つのGSがある」との記入があり、「5つなんて空撮でもしないとわかんねー」などと思っていると、ロシアンジープに抜かれ付いていくと、何とかメインピストに乗ったようである。109.95kmの「水のある小川」が現れようやくホッとし、前を行くロシアンジープを抜こうとピストを外れ加持さんが先頭でキャメルグラスの中を進む、しかし目の前で加持さんがキャメルグラスに突っ込んで前転した。「大丈夫?」と声をかけるが、立ち上がり、手を上げているので先行したロシアンジープを追いかける。追いつくと脇に避けてくれ、追い越させてくれた。ここからRCPまでは細かい分岐が何度か現れ間違いそうになるが、なんとか間違わずRCPに到着する。
[PR]
by xr_kaz | 2006-05-07 11:16 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第24話

74.64km地点のCAP270を過ぎ、低い木立を抜けるとデューンに到着した。しかしGPSポイントにあるはずのSSスタート地点が無い。近くの高いデューンに登るが何にも見えない。5,6台のバイクが走り回っているが皆迷子のようである。リエゾンの制限時間も無くなりそうになってきたので仕方ないので来た道を戻ることにする。戻っていると 嫁の「まる」 と遭遇し、「どっち?」って聞くが良くわからないらしいので仕方なくヘリに向かって走る、近づくと無数のワダチがあり、しばらく行くと皆到着している。皆が止まっているところにバイクを止めると、誰かが「ssの進入方向違いでペナルティになるよ」と教えてくれ、黄色いフラッグを通ってこなかったことに気が付く、ぐるっと回るだけなので、ウエストバックを置き、バイクのエンジンをかけ、回れば良いのに小さいコブを登ろうと垂直に進入する。ところが「えっウソ!」と思ったときにはすでに遅く、無残にもフロントタイヤは砂にめり込み、自分は前方に「一本背負い」を食らって飛んでいた。砂なので体にダメージは無かったが、フロントがフルボトムした拍子に、ブレーキホースがマップケースにからんで、今にも切れそうになっている。外そうにも工具は皆の止まっているところにあるし、どうしようもない。フロントフォークをゆすってはずそうとするが、ブレーキホースを切りそうで怖い、仕方なくバイクをそこに置いて工具を取りに戻り、レンチでマップケースを緩め外した。日本に帰ってからこのシーンを写真で見たが見事に投げられていた。ブレーキホースを外し、バイクを起こし、バイクをまたぐが反対側に倒してしまう。かなりヨレヨレになりながら何とか黄色のフラッグを回りスタートラインに並ぶ。
[PR]
by xr_kaz | 2006-05-06 00:25 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第23話

ETAP5
HONGOR-ZOUMOD
今日も目覚まし時計が無いので早めに起床し、ボタンを押すと何とか反応するG-SHOCKで時間を確認する。久しぶりのベッドでゆっくり寝られたのだが、昨日ゴールから寝るまで飲み続けたビールが悪かったらしく、ちょっと体がダルイ、朝食をとり、ブリーフィングを受けると何とか復活し、昨日やらなかったエアクリーナー交換と、マップ巻きを済ませスタートに備えた。今日はリエゾンからのスタートである。スタート前に並んでいると、地元のテレビ局にインタビューを受ける。「道を間違えないようにがんばります」と日本語で答えた。今考えるともっとましなことを言えば良かったと後悔するが、考えたところで変わりはしないだろう なんて思っていると今度は地元のおじさんがバイクに馬乳酒?のお神酒をかけてくれお祈りしてくれた。こんな感じでいつもと違った朝を過ごし、普通ではなかったと、後になって思うがこの日は精神的にHighだったように思う。そのせいなのかこのETAPはミスだらけとなってしまった。
山田さんのカウントダウンでスタートし、リエゾンなのでゆっくり行くこととする。ゆっくり加速し、コマ図を確認し、1.15kmの分岐を左に曲がり、そういえばデューンの写真を撮って無かったと思い出してバイクを止め自分のバイクをデューンを背景にして撮影する。その後、尾崎さんや、中野さん、ロシアンジープを写真に収めまた走り出す。
[PR]
by xr_kaz | 2006-04-21 18:11 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第22話

ハンバーグ定食を食べ終わり、シャワーを浴びに行く、砂漠の真ん中でシャワー(水)を浴びれるなんて思っても見なかった。シャワーは水だが、気温が高いので、丁度良い感じだ。水の量が少ないのでチョロチョロとしか出ないが、それでも十分リフレッシュできた。シャワーよりも実はその後がすばらしく、シャワールームから外に出ると、乾燥しているため水が一気に蒸発して熱を奪うので、強烈に涼しい。冷房とは違うあの感覚は今まで体験したことが無かった。爽快な気分にさせてくれた。
 シャワー後またビールを飲み、夕食の時間まで昼寝することにする。
夕食の時間となり、レストランに向かう、レストランでは既に多くの人が食事していて座る場所が無く、合席で食事した。そこでもまたビールを飲み、食事の後は、外のベンチで夕焼けのデューンを見ながら皆と時間を過ごした。
[PR]
by xr_kaz | 2006-04-11 23:31 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第21話

デューンを抜けると遠くに今日のキャンプ地が見える、無数のゲルが規則的に立ち並んでいる。最終のチェックポイントから3時間でパルクフェルメ(車両保管場でここにいったん入れると、次の日の朝のブリーフィングが終わるまで車両に触ることが出来ない)に入れなければならないため、手早く整備しなければならない、数十本並んでいるタイヤの列から自分のホイ-ルを探し出し、今付いているフロントホイールのブレーキディスクを外し、換えホイールに付け替える。ホイールを交換後、エンジンをかけてICOが動くか周辺を走ってみる。今回、ICOの予備と、トラブルシューティング用に、サイクルメータをつけていた。ICOとは完全に別センサーで稼動するようにセンサーを2個付けて、両方の距離が合うかを確認することでICOの正常異常を確認するようにしていた。走って見ると両方の距離が合うので問題無いことが解り、本日の整備は終了とする。整備が終わると、待ちに待ったビール&シャワーが待っている。とりあえずビールを買いにレストランに行き、350ccのビールを一気に飲む。うまい、遠くに砂丘群を眺めながらビールを飲む。
着替えを済ませ、またレストランに行くと池町さんがハンバーグのようなものを一人で食べている。話しかけると、「食べる?」と聞かれ、ウエイターにジェスチャーで「もうひとつ」とやっている。ウエイターも解ったらしく、うなずいて、厨房へ入っていった。『ハンバーグ定食が食べたくてね』と池町さん、「どうやって注文したんですか」と尋ねると、
「ジェスチャーでハンバーグのこねてこねてこうやってこうやって」とまずハンバーグの作り方をジェスチャーで見せて、「ライスをここに」とこれもまたジェスチャーで指示したらしい、出てきたものを見ると、ハンバーグにちょっと白いソースがかかっていて、横にライスと、付け合せがのっていて、ちゃんと「ハンバーグ定食」になっていた。さすが世界の池町さん。しかもまだ整備終わってないらしい・・・
[PR]
by xr_kaz | 2006-04-10 00:02 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第20話

 チェックポイントまでもうすぐ、気持ちが逸る。しかも今日はチェックポイントからゴールの間が3hの時間制限付ではあるが、比較的自由に走れる。さらに待ちに待ったデューンである。どんな感じなのか想像しながら全開で走っていると。突然前方に段差が見えた。フルグレーキングしてタイヤがロックする。近づいて見ると。比較的小さい、そのままブレーキを放し、カタンと降りるぐらいですんだ。しかしかなりあせっていて、ほとんどパニックブレーキだった。小さい段差だったのでよかったが、これがもし大きいクレバス等だったらと考えると血の気が引いた。

 トラブルはあったが、無事最終のチェックポイントに到着し、デューンに向かう。チェックポイントからゴールまでは27kmしかも3時間の余裕がある、主催者の計らいに感謝し、ゆっくりと走行する。しばらく行くと遠くにデューンが見えてくる。だんだんと近づくが、しばらくは大きな岩の中の右へ左へ曲がった道を行く。時より砂が現れ、ゆっくりと走っているためバランスを崩しそうになる。

いよいよデューンが近づいてきた。見上げるほどの大きさの砂の山である。山の裾を縫うように上へ下へ走ってみる。登る瞬間斜面なので衝撃に構えるが、砂が衝撃を吸収するので、全く手応えが無い。この大会のためにビーチエンデューロ等で砂を体験していたが、全くちがう。例えるなら、新雪のパウダースノーを走っているかのようで、鳥肌が立つほど気持ちいい。今まで想像していたものよりはるかにすばらしく、感動しながらの走行だった。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-28 21:01 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第19話

 235.55km村の中に入った。間違わないように、それこそ、歩くぐらいのスピードで走行する。目標物にバスケットボールコートとあり、「ほんとにあるのかな?」と思っていたが、ちゃんと在った。しばらく村の中で道なりのコマ図が続く、236.59kmコメント欄に「村の中、ナビ難しい」とあり、そのとおりで、5又の分岐が出てきた、これも間違わないように慎重に数えて曲がる、すると、指示通り枯れ川に出て、オンコースであることを確認出来た。枯れ川の出口が解り難いかな?と思っていたが、出口には人だかりが出来ていて応援してくれている。中には、「手招き」で前走者の道筋を教えてくれている人も居る。そんな訳で、難なくオンコースを発見し、枯れ川から出て村を離れた。
 今日のスペシャルフィニッシュのコマ図が今のコマ図の2段下に現れ、あと少しというのと、終わりで気が緩んだのか、ヤバイ状況が起こった。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-27 18:56 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第18話

 チェックポイントを過ぎて、しばらく走ると、「テネレハイウエイ?」と書いたコマズがあり、アフリカもこんな景色なのかと思いながら走行する。そこを過ぎると、「砂漠の中の奇跡の並木」とコマ図にあるとおり、そこまで木なんか一本も生えてないのに、そこだけ植林したかのように、木が、一列に並んで何キロも生えている。その下には水脈があり、水脈に沿って生えているそうだ。不思議な景色に感動しながら走行する。
 182.89km村に入るが目印のはずのキャンピングカーが見つからない。走行していると、183.19kmの家畜の風除け石積みが出てきて、キャンピングカーは結局見れなかった。村の中を走行していると、道が解らなくなり、マップを確認するが、解らない、止まっていると、ガントルガ選手と、加持さん、ロシアンジープが同じ方向に走っていく、「違うような気がしていたが、とりあえず次のコマ図がコーションマークなので、コーションマークの距離まで付いていく事とした。184.72kmシングルコーション、「無い」、さらに次のダブルコーションを目指す。186.83kmダブルコーションが無い。GPSも完全に、右を矢印が差している。「こりゃやっぱり違ったな」と思い止まると、ガントルガ選手も前で止まってUターンしてくる。「手であっちだろ」って感じで、GPSの方向を指している。さっきの村まで戻ろうかと、ガントルガ選手を先頭に走り出す。すると彼は、GPSの指している谷に向かって走り出した。村まで戻ろうかと思ったが、GPSの指している方向だし大丈夫だろうと一緒に走り出した。谷の中は枯れ川(水の流れ後の枯れた川たいていの場合砂が多い)になっており、ガントルガ選手に置いていかれない様に走る。初めて同じペースで走るが、1mぐらいの段差は平気で飛んでいく、しょうがなく付いていくが、「先頭ならこんなとこ飛ばないなー」という所もガンガン飛んでいく、谷を抜けて、電線沿いの砂の直線で置いていかれてしまった。しかしそこでオンコースに戻っており、199.84kmの特徴的な5又分岐に気が付き、距離を補正する。砂の道で、遠くに山が見えるが、かなりの距離が有るようで、電柱が道に沿ってどこまでも伸びている。たまに道が右や、左に湾曲しており、真っ直ぐ行けそうだが、実は段差があったりする。出来るだけ、ピストをトレースすることとした。やはり真っ直ぐで突然曲がっているのは何か理由があるということらしい
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-26 22:27 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第17話

自分のスタート時刻となり、スタートラインに並びチェックカードをもらう。チェックカードはACERBISのウエアにはじめから付いているものに入れていた。右手の腕に付いているので、走行中チェックカードが見えるので安心である。まるは、チェックポイントの度に、右腕をハイと差し出して、カードの出し入れまでしてもらっていたらしい。
 カウントダウンの後スタートを切り、そのまま直線を全開で走行する。しばらく順調な走行が続き、CAP走行に入る。10km程のCAP走行だが、途中にキャメルグラス等があり、ハンドルをとられる。何度かキャメルグラスに当たったが、運良く転倒は免れた。道に迷うことは無いが、砂のピストが多く、ペースが上がらない。しかし、誰も走っていない砂の吹き溜まりを見つけるとわざと入ってみたりして、楽しい道が続く。今回のラリーの楽しみの一つとして、デューン(よく見る砂の砂漠)を走るということがあった。砂の吹き溜まりでも入るとスピードがガクンと落ちて全開にしないと進まない。しかし楽しい。
今日は距離も短いこともあり、リラックスして走行出来た。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-17 00:07 | BTOU05

北京-ウランバートル日記 第16話

ETAP4
 朝起きて、堀Hに走るかを聞きに行く、と「走る」との返事、まだ時間は在ったので、そのまま寝かせ、朝食を食べに行く。
 朝食後、ブリーフィングがあり、今日のスタート時間を遅らせること、またその理由が説明された。その理由とは、ラリー内で風邪が流行っており、熱がある人が居る。そのまま走行すると危険なので、ドクターによる検診と、体温の測定を行うということだった。
検診が始まり、長い列が出来る。並んでいると掘Hも一緒に並んだ、体が痛そうだが何とかなりそうだ。(このあと、バイクにガソリンが入っていなかったり、カミオンが先に出発してマップが無い等すったもんだしたらしいが・・・)
 ようやく自分の番となり、体温を測定する。すると、体温計で何回計っても35度しかない。これは逆に困った。看護士さんがドクターに体温計を見せ、ドクター曰く、「Drink hot coffee」(あったかいコーヒーでも飲んどけ)。と言われ、安心する
 検診も終わり、スタートまで時間も出来たので暇していると、さっきスタートしたミニが戻ってきた。どうも何処かに亀裂が入ったらしく、溶接機の前で止まり、下回りをのぞいている。すると周りに居た人たちと一緒にミニの車体を手で持ち上げ、溶接を始めた。片輪が持ち上がった状態で、人が下に入り溶接している。すごい光景である。パチパチと火花が飛んで、しばらく見ていると、突然現場が慌しくなり、車に砂をかけだした。火が出たらしい、確かに車は下にガソリンのホースが通ってるので、危険である。何とか火も消えまた溶接の音が聞こえ出した。
[PR]
by xr_kaz | 2006-03-13 21:53 | BTOU05


オフロードバイクとの日々
Links
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧